断食ダイエットについて調べてみた

ダイエット

この記事では

健康的に断食をおこなうにあたって

メリットやデメリット、

注意することなどをまとめました

断食とは

ファスティングとも呼ばれ

固形物の食べ物を摂取するのを

止めることを指します

断食のメリットデメリット

 

メリット

  • ダイエット効果
  • デトックス効果
  • 体内環境のリセット
  • 美肌効果
  • 集中力の向上
  • 自律神経の調整

摂取カロリーが極端に減り

内蔵をゆっくりと休ませたり

体内の老廃物を排出できます

食べ過ぎで乱れてしまっていた

交感神経、副交感神経のバランスが整います

 

デメリット

  • 疲れやすい
  • 筋肉が落ちやすい
  • 体が冷えやすい

調べていくと様々なデメリットが

取り上げられていました

がっつりと食事を取らないので

体温が下がりやすく疲れやすいようです

 

断食に不向きな人

  • 妊娠中または生理中
  • 疲労が溜まっている
  • 服薬中
  • 心臓や脳の疾患
  • 痩せ型(BMI体格指数が18.5未満)
  • 13歳以下または65歳以上

持病のある方は医師に相談した上でお試しください

 

まずは準備食からはじめよう

断食ってただ食べなければいいんでしょ?

と、簡単に考えていましたが

そうではありませんでした

「準備食」「回復食」というものがあり

簡単に言えばウォーミングアップ

クールダウンという感じでしょうか

準備食から入り回復食で終わる

体を慣らしていかないと

効果が薄れたり、頭痛や腹痛などに

悩まされて中断せざるを得なくなります

 

なにを食べたらいいの?

  • 植物性の食べ物
  • 野菜
  • キノコ
  • お米

徐々に固形物を減らします

なんとなくの想像ですが

ジューシーなお肉を胃に入れた後だと

胃がやる気満々で待機してしまうので

省エネモードにしてあげるわけです

肉や魚などは避けますが

お出汁は大丈夫みたいです

回復食は準備食と同じ内容で大丈夫

刺激物やアルコール、カフェイン、タバコも禁物です

デカフェコーヒーや

紅茶、緑茶も避けましょう

 

断食中に心掛けること気を付けること

水分補給を意識する

一日に飲む水の量はおおよそ2リットル

断食で消化吸収のない状態が続くと

体は溜まっている毒素を排出しはじめます

排尿や発汗などで排出され、体外に出る水も多く

断食中の頭痛を防ぐ効果もあるので

積極的に水分を補給しましょう

がぶ飲みではなく、こまめに飲むのがおすすめです

 

なにも食べないのは間違い

水以外の物を口にせず過ごすのは「絶食」

断食は必要最低限のカロリーを摂取します

一日に摂取するカロリーは

大体200kcal~600kcalが目安とされています

何も摂取しないと低血糖が原因で

吐き気や頭痛なども起きやすくなります

 

軽い運動をする

しっかりと食事をしていないので

激しい運動は避けて、軽いウォーキングや

ストレッチを取り入れましょう

 

断食中の体調不良「好転反応」

  • 低血糖
  • 頭痛/眠気
  • 腹痛/下痢
  • 疲労感/倦怠感
  • 吹き出物
  • 尿の色が濃くなる

断食がうまく進むと、

デトックスがはじまり血液中に

老廃物や細胞の毒素が流れ出るため

さまざまな反応を起こすことを

「好転反応」といいます

水分をしっかり摂ると

症状が和らいでいきます

低血糖の症状がひどい場合は

GI値が低い“ハチミツ”を少しなめる

血糖値を緩やかに上げることができます

 

まとめ

痩せたいから~などを理由に

無茶な断食や絶食をして

体調を崩してしまっては本末転倒です

無理をせず少しずつおこなって

健康的な体を作っていきましょう

体調が思わしくない場合は中断し

自分にあったやり方に

見直すことも大切です

コメント

タイトルとURLをコピーしました